長い目で実践していく

出たての頃は、インパクトの大きさから、各メディアで連日のように取り上げられていた仮想通貨。お金にとって代わる存在として、大きく注目されていましたよね。

その後、順調に成長を続けていきましたが、一時期停滞していたように思います。いろいろと問題が浮上し、仮想通貨もここまで、といった感もぬぐえませんでしたが、大変な時期を乗り越えて、今ではごくごく当たり前の投資手段として定着するまでに至りました。なので、仮想通貨を実際に運用されている方も多いことでしょう。

さて、そんな仮想通貨ですが、やはり利益を出すために皆さん実践されていますよね。何の見返りもないものに、私たち現代人は投資することなどありえません。
前述したような大きな成長を遂げてきた仮想通貨だからこそ、投資する価値があるのです。ですが、あらゆる世界に共通することですが、確実に利益が上がる、などというものは存在しません。

わかりやすい例が宝くじになるでしょう。
宝くじは、一部の人しか当選しません。その一方で多くの人が落選するわけで、落選した人たちが出したお金が、当選した人に向かうという仕組みなのです。
仮想通貨もそれと同じような性質を有しています。つまり、負ける人がいるから、勝つ人がいるのです。

負ける人の特徴としては、次のようなものが挙げられます。
それは、些細な変動に過剰に反応し、すぐに売ってしまう、というものです。
投資の世界では、損切りといって、できるだけ損失を抑えるためのテクニックがあります。
しっかりとした戦略があって、これをするのであれば問題ありませんが、初心者の方がやってしまうような、些細な変動に過剰反応した結果の損切りは、少々考え物です。ではどうすればいいのかというと、もっと長い目で仮想通貨を保有し続ければいいのです。基本的に、仮想通貨というのは、右肩上がりの成長曲線をたどっていきます。

何もしなければ、自然と価値は上がっていくようになっているのです。それがわかっていながら、すぐに売ってしまうのは、猜疑心や不安といったネガティブな感情に起因します。つまり怖いんですよね。
このまま価値が下がり続ければ、莫大な損失を生み出してしまうと。そこをぐっと我慢できる人が利益を上げられるわけなんですねえ。変な話、仮想通貨を買ったことを忘れてしまったくらいのほうが、意外とうまくいくかもしれませんね。

例えば、実家の蔵から、株がたくさん出てきて、とてつもない価値があった、なんて話を聞きますが、まさにあんな感じ。とまあ、少々話はそれてしまいましたが、とにかく、長い目で仮想通貨を運用してきましょう。