サラリーマンの副業で税金の申告をするコツ

会社にバレないようにすると安心できる

副業をして稼いでいることは勤務先にバレると退職をする気であると判断されやすく、他人にバレないようにしたいと考える人も多くいます。
会社にバレるきっかけは住民税に関することになり、確定申告で自分で納付するように伝えないと給料から天引きされるため多いと分かってしまうものです。

しかし、確定申告を行って自分で納付するようにすると厄介なトラブルに巻き込まれないようになり、サラリーマンの収入だけで物足りない場合に知るとスキマ時間で稼げます。
副業を禁止する会社も少なからずあるもので、バレないようにするためには確定申告で住民税を自分で納付するようにして期限を守ることが大事です。

住民税は副業の報酬があればサラリーマンの給料と合算して出すため、給料から天引きされないように注意するとバレなくて安心できます。

税費があれば申告をすると便利

サラリーマンが副業をすると年間で20万円以上の報酬があれば確定申告が必要ですが、経費がかかると課税対象所得から控除されます。
課税対象所得から控除される金額は経費以外に医療費や寄付金などがあり、証明できるように領収証を保管して書類を作成すると便利です。

経費として扱えるものは関連があるものに限られ、パソコンやスマホなどほかの目的で使えるものになると認めてもらえないこともあります。
しかし、スクールやセミナー、情報商材などでスキルアップをするために投資をした金額は対象になるため、稼げるように足りない知識をつけると効果的です。

経費に関する取り扱いは税務署で相談し、アドバイスを参考にしてかかる費用を少しでも減らすと金銭的に余裕を持てます。

確定申告には2つの方法がある

確定申告をするときは2つの方法があり、白色申告と青色申告がありそれぞれの違いを知ると便利です。
青色申告は近年では注目され白色申告よりも節税効果が高く、損失があれば3年まで繰り越せて投資やFXなどで失敗しても控除されます。

しかし、青色申告をするときは帳簿をつけないといけませんが、会計ソフトを使えば数字を入力するだけでスムーズにできて効果的です。
確定申告をするときは申請期間は1ヶ月と短く年度末で忙しくなりますが、事前に領収証を保管しスムーズに提出ができるようにするとあわてずに済みます。

申告の方法は収入の状況に合わせて最適な方法を選べ、医療費や寄付金があれば控除してもらえるため健康な体を維持できるようにするとモチベーションを上げて稼ぎやすいです。